赤いニキビに優しい化粧水を探しているのです。

最近、ニキビが出来て今使っている化粧水が合わないのか、結構赤く残ってしまってるんですよね。

歳をとってただ単に治りが悪くなったせいもあると思いますが、とりあえず試せることは試しておこうと色々と調べてみます。

アットコスメや小町などでチェックしてみると、スクワラン、DHC、オードムーゲ、オルビス、プロアクティブなどを使われた感想が沢山見つかりますが、オルビスが結構評判いいみたいですねー。

化粧水のまとめはこちらが参考になりました→ニキビ跡化粧水

ただ、私もあらゆる方法を試しましたけど、結局生活習慣とニキビの管理が一番効果があったという意見もあり、

ニキビを触らない・刺激しないため洗い過ぎない方が良いとの事。

とにかく触らないようにオロナインで保護して、冷やすのも効果的だそう。

その方は悪化した時だけ薬を使うそう。青汁も毎日飲んでるとのこと。

確かにそこまでやれば改善しそうですよね。青汁毎日飲むだけでも効果ありそうw

明日から幼稚園ママデビュー

いよいよ次女が幼稚園に入園することになり、いよいよ私も幼稚園ママデビューです。

ママ友ができるかな、とかどんなファッションで送り迎えしようかいろいろ考えています。
もともと人間関係構築が苦手で、特に女の子特有のグループ化が超苦手なんですが、子供のためそうも行っていられません。

この時期になると主婦系雑誌にはこの手の記事がたくさん掲載されていて、ママ友との付き合い方とか感じがよいと思われる服装とか目白押しです。

やっぱり他のママさんも悩むことは同じなんでしょうね~。
実は長女は保育園で6年間過ごしたので、超人間関係が楽でしたね。

だって送り迎えもそれぞれのご家庭で違うし、朝は皆さんお仕事に向かわないといけないので本当に簡単な挨拶程度でOKでした。

お迎えであったとしても帰ってからの家事もあるし、皆さんやはり簡単な挨拶で帰っていかれます。
この気持ちいいサッパリ感になれているので、幼稚園恐ろしいです。

でも子供のため、自分が楽しく2年間過ごすためにもせめて嫌われないようにしたいですね~努力はおしみませんよ。

笑っていいともが終了

ついで、お昼の人気番組の笑っていいともが終わってしまいました。

昼間は自宅にいるものの、全然見ていなかったのですが、最後の週だけは番組の後半くらいは毎日見ていました。

終わってしまうってことでとても残念に思いますが、タモリさんは最後まで変わらずいままでと同じように司会をされていたのがすごいなと感じました。

本当に最後の日の晩に笑っていいともの特別番組があったので、それも最後の方だけみていたのですが、出演者の方々の最後の挨拶が感動的でした。

何十年も一緒に番組を作っていった人たちだからこそ思い入れも強いですし、その気持ちが伝わってきました。
タモリさんの最後の挨拶もずっと感謝という言葉を口にされていましたが、楽しい番組を何十年もずっと続けてくれていたことに私も感謝したいと思いました。

笑っていいともが終わってからの後番組は全然見ていないのですが、やはりお昼は笑っていいともを放送していてくれないと何か物足りない気持ちになる今日この頃です。

PM2.5がとても気になっています

最近、PM2.5という言葉をよく耳にします。
PM2.5は、呼吸器系にたまっていき、健康に影響を及ぼすようです。
PM2.5の粒子は、とても小さく、普段のマスクでは、防ぎようがない
と聞いたので、とても不安です。

しかも、これからどう健康に影響を及ぼすのかというデータがまだ
ないので、とても怖いです。

PM2.5を吸い込まなければいいのかもしれませんが、普段の生活には、
空気が必要なので、まったく吸い込まないで生活することはできません。
外出を控えると言っても、仕事や、買い物にも行かなければなりません。

外出を控えても、洗濯物は、外に干しているので、家の中に干すという
ことも、これから考えて行かないといけないと思っています。
空気だけでなく、土壌の汚染も気になります。

空気中にPM2.5が浮遊するということは、雨が降ると、雨と共に、土の
中に吸収されます。

その土壌で野菜は作られるので、汚染された土壌で作られた野菜を食べると
健康に影響があるのではないかと思います。

早く、PM2.5に対する対策を実行してほしいと思っています。

お尻の黒ずみには下着を見直しクッションをつかうことです

肌の黒ずみは嫌なものですが、特にお尻や脚の付け根の黒ずみは恥ずかしいものです。
どうして黒ずみが出来てしまうのだろうと思っていたら、下着の締め付けで黒ずみがひどくなるということに気づきました。

後は固い椅子にずっと座っていたら、座っているときにあたるお尻の部分が黒ずんでしまいます。

そういうことを考えると血流が悪くなると黒ずみができるようです。
下着のゴムは柔らかそうですが、その柔らかそうなゴムでも、毎日、同じ箇所にゴムがあたっていたら、そこがだんだんと黒ずんでいくようです。

椅子に座る時には、柔らかいクッションを敷いたりして、お尻の骨の部分が固い椅子に当たらないようにすることが大切です。
下着はお尻を丸く包み込むような感じの下着をえらぶことがお尻黒ずみを防ぐ方法になるでしょう。

お尻は立ったときに黒ずみが目立つので、お風呂に入った時に、鏡に映して後ろ姿を見ることが大切です。
痩せている人は特にお尻に脂肪がありませんので、固い椅子に座り続けていると、お尻の黒ずみが起こりやすいのです。
でも、椅子に座らないわけにはいかないので、できるだけ、クッションを使ったりして、お尻に刺激を与えないようにすることが大切です。